渡貫家からさらに山奥へ入ること車で約20分。土佐町の能地(のうじ)というところにある母親の生家です。

祖父母も他界し、随分前から誰も住んでいない廃墟寸前の家でしたが、スーパーDIYマスターの伯父さん親子がコツコツと修繕して、身内だけで使うちょっとした山荘「あかだき荘」として生まれ変わりました。
屋根付きのバーベキュースペースもあったりして、夏場は涼しくて最高です。

ここは昔から「あかだき(赤滝)」と呼ばれていて、写真では切れていますが左側に大きな岩の崖があり、その中程が赤茶色く変色していることからそう呼ばれているようです。

近くには、珍しい裏見の滝「翠ヶ滝(みどりがたき)」もあるので、その写真はいずれまた。

33.743214,133.473249

Google先生でさえ道は見つけられないようです。